急な出費があったとき。

旦那さんのお給料がメインで生活しているのですが、月にどうしてこれが固まって出費が来るかなぁ、、と喜ばしい反面苛立たしく思う時さえある事があります。
それは結婚祝いや出産祝い等です。結婚祝いは月に何回も重なる時がありこれがあるともう正直大変です。大体結婚祝いのご祝儀が3万円が平均という相場が
世に広まっていますがそれが何件か重なると正直痛いです。ご祝儀以外にも衣装代も痛いです。せっかく節約して貯めたお金がマイナスになる事も多かったです。
ゲスト用ドレスは高島屋等きちんとしたところで購入するとフルセットでものすごく高いのと、何着も買えないのでレンタル衣装で済ませています。
レンタルだと買うよりも安いのと、他の式に出る時に他所の人の式と衣装が被らないのが良いと思います。他にも結婚式ゲストの美容代は何人も重なると何回も
美容院に行くのも勿体無いのですが周りと比べて雑に見られては嫌なので、髪の毛シャンプー、ブローは自分でして、はカットのみお願いできる場所でしています。
お店によりますがカットのみで1500円程節約する事ができますので利用しています。細かいところではありますがご祝儀はケチれないとして
こういった美容代、衣装面で安めの方法を取っています。
また、お金に困るときの一つとして病気もあります。私の場合夫共に持病持ちなので極力私生活で贅沢をしない様にしています。病院代でかなりの出費を使います。
夫が体調が良い時で2ヶ月に1回、悪い時で2週間に1回のスパンです。私は毎週通院中です。そのため普段の私生活で外食、美容代は3ヶ月に1回、
化粧品も独身時代使っていたブランド物は全てやめ、ドラックストアで売っている化粧品に変えました。
同じ境遇の人とお話していた時夫が入院する事になり収入減、いざという時助かったのは貯金していたからだと歳上の方に教えて貰った事があります。
そのため貯金は身を助けると思っています。苦しいときは家計簿を見つめなおし節約できそうなところから削っていますが大変です。